アジアなどについて勉強した

明代の「永楽大典」や清代の「康熙字典」「四庫全書」などがその代表的な成果です。また庶民文化も栄え、「水滸伝」「西遊記」「紅楼夢」などの小説が流行しました。さらに実社会に役立つ学問もさかんとなり、「本草綱目」「天工開物」などが出版されました。一方、明末から清初にかけてはヨーロッパからイエズス会の宣教師が渡来し、キリスト教やヨーロッパの文化を伝えました。モンゴルの三ハン国のうち中央アジアを支配したチャガタイ=ハン国は、14世紀に東西に分裂しました。この混乱に乗じて西チャガタイ=ハン国の実権をにぎったティムールは、1370年にサマルカンドを都としてティムール朝をひらきました。その後、西アジアに侵攻してイル=ハン国の旧領を併合し、一時的にマムルーク朝からシリアを奪いました。さらに、1402年にアンカラの戦いでオスマン帝国を破り、キプチャク=ハン国やインドにも侵攻し、中央アジアから西アジアにまたがる広大な帝国をきずきました。モンゴル帝国の再興をはかり明への遠征に向かったティムールはその途中で病死しました。彼の死後、帝国は分裂と統合を繰り返し政治的には不安定でしたが、サマルカンドを中心にトルコ=イスラーム文化が栄えました。ここに建設された天文台を使って作成された天文表は、今日も利用されています。

サマルカンドやティムールにはないKarareの最安値販売店は楽天でない

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする