おにぎりを食べたりした

最終更新日

Comments: 0

おにぎりを食べました。野沢菜としらすが入っているおにぎりでした。初めて食べました。野沢菜としらすの味がマッチしていて美味しかったです。そして、勉強をしました。ティムール朝はやがて、トルコ系の遊牧ウズベクに滅ぼされましたが中央アジアにはかつてのような大帝国は出現しませんでした。一方、イランでは16世紀初めにサファヴィー朝が成立し、シーア派を国教としました。また、ここではシャーという伝統的な王の称号がもちいられ、これらをつうじてイラン人としての意識が高まっていきました。サファヴィー朝は第5代アッバース1世のもとで全盛期をむかえました。彼の建設した新都イスファハーンは「世界の半分」といわれるほどの繁栄を示し、ここで生産された質の高い絹や綿の織物を求めてヨーロッパ商人も度々訪れました。また、火器の導入などによる軍制改革をおこない、オスマン帝国からタブリーズやバグダードをポルトガルからホルムズ島を奪回しました。インドでは10世紀末以降、イスラーム勢力の侵入が相次ぐなかでムスリムへの改宗者もしだいに増え、ヒンドゥー教徒とムスリムの共存する社会が形成されていきました。16世紀初頭、ティムールの子孫バーブルはインドへの侵入をはじめ、1526年にデリーを占領してムガル帝国を建てました。

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする