幻の熱

先日、午後2時半ごろ、子供が通っている小学校から自宅に電話がありました。小学6年生の息子の担任の先生からで、「○○君(息子の名前)が給食を食べた後から気分が悪いと言っていて、熱があるので迎えに来てもらえますか?」と。今まで風邪やインフルエンザで学校を休んだことは何度かありましたが、思い起こすと早退は一度もありませんでした。6年生にして初めての事でした。
迎えに行くと玄関先で教頭先生に会い、体調不良で迎えに来たことを伝えると保健室まで案内してくれました。保健室に行くと血色も良く元気そうな息子の姿がありました。保健室の先生が「37.5度の熱がありましたけど、元気そうです」と言われとりあえず家に戻りました。でも、帰ってからも元気でその日夕方から塾だったのですが、「塾に行く」と言い塾へ行きました。熱も平熱で、夕食も普段通り食べて寝ました。翌朝も平熱で、朝食もペロッと食べて学校へ行きました。あの熱は何だったのか?思い当たるのはこのところサッカーワールドカップを見ていて寝不足気味だったこと。試合の前後は寝ていましたがやはり体への負担はあったように思います。いくら子供でも寝不足は良くないなと痛感しました。

admin

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントする